HOME > 企業概要

株式会社ボンタイム北海道は、ここに掲げる三つの「協業」に対しての事業方針を柱として、お客様とともに成長することを目指します。

宝の資源をプラス資源へと変えていく
食材資源の研究・商品開発・製造を提供します。

今まで廃棄処分されていた食材を加工・調理方法など研究することで利用可能な新たな道産食材として生まれ変えていきます。環境問題としても廃棄処分量の軽減に繋がると考えております。弊社 代表の齋藤祥文は、昭和34年(1959年)設立の斎藤製菓 代表も務めており、これまで培ってきた製菓業のノウハウを活かし、商品開発・製造までをお客様へ提供いたします。

北海道ブランドの新たな確立と
北海道ブランド全体の活性化を目指します。

道産食品を100%使用した新たな北海道ブランドの確立させることで、今まで以上に「安心・安全」な北海道ブランドを強化させる。新たに協業開発された商品を製造販売する窓口として、お客様をサポート。北海道ブランド全体として、更なる発展・革新を目指します。

食材・食品への知識・意識の向上と
より良い商品開発に繋げていきます。

地域と連携して食育イベントの実施サポート。参加型お菓子作りイベントなどを通じ食への関心、食材・食品への「安心・安全」を知識・意識の向上を図り、お客様の声を身近に感じることで、より良い商品開発に繋げていきます。

代表取締役 齋藤 祥文




齋藤製菓株式会社の立地決定時に頂いた知事からの応援コメント

 このたび、斎藤製菓株式会社が、愛知県(豊橋市)から本道へ進出されましたことは、誠に喜ばしいことであり、斎藤社長様に深く感謝申し上げますとともに、心より歓迎申し上げます。
 昭和34年設立の斎藤製菓株式会社は、今ではテーマパークをはじめ、全国各地の観光用土産菓子などを製造する企業となり、このたび更なる事業展開を図る中、北海道ブランドに着目いただき、地域の素材や道産原料にこだわったお菓子を道内で製造するため、千歳市への進出を決定していただきました。
 私といたしましては、道政の最重点施策である「食産業立国」を推進している中、今回の斎藤製菓株式会社の進出は、食関連企業誘致の取組への後押しとなるものと考えており、斎藤製菓株式会社の皆様には、本道発のおいしいお菓子の製造販売を通じ、北海道ブランドの一翼を担っていただくことを大いに期待しています。

平成26年7月4日
北海道知事 高橋 はるみ

姉妹品類